仮想デスクトップの有用性と複数利用

モニタが一つであっても複数のデスクトップとして利用できる仮想デスクトップ機能があります。パソコンにおいて最も基本的なインターフェイスであるデスクトップにも表示量には限界があります。それぞれのウィンドウを縮小したり閉じたり開いたりすれば良いとはいってもそれらの一挙一動は作業効率に関わってきます。仮想デスクトップを利用すればその都度ウィンドウやプログラムを閉じることなく素早く切り替えて作業を行う事が可能です。場合によってはさらに複数の仮想デスクトップを利用する事によってより作業効率を良くする事も可能でしょう。もちろんモニタが複数あるから使ってはいけないという訳でもないため様々な環境で有効利用が出来ます。ただし、場所があるからと言ってプログラムを開きすぎると動作が重くなってしまう事もあるので注意が必要です。

仮想デスクトップでデスクトップを複数にできます

パソコンを便利に使うソフトウエアに仮想デスクトップがあります。ディスプレイひとつに対してデスクトップがひとつなのが通常の状態ですが、デスクトップを複数にしたり、ディスプレイに表示できる以上に広く大きくしてデスクトップ環境を拡張することです。自宅で趣味でパソコンを使っている時を参考に考えてみれば、デスクトップにアイコンがたくさん並び過ぎた時に複数のデスクトップがあれば便利です。フォルダを作ってアイコンを整理してもいいのですが、どのフォルダにも分類できないアイコンがあったりします。また、使い方が一通りでない時にも、複数のデスクトップで使い方を分けることが考えられます。いずれにしても、デスクトップに並んでいるアイコンをいかにして整理するかになります。デスクトップのアイコンの整理に困ったら、仮想デスクトップという方法もあります。

仮想デスクトップを使用してみよう

パソコンを使う上で必ず必要なものがOSと呼ばれるソフトです。OSにはユーザー数が多いWindowsやアップルのMacosがあります。その他にプログラミングをする人に人気が高いのがLinuxです。Linuxは無料で利用できますので、プログラミングを勉強したいという人は是非使用してみてください。Windowのパソコンに仮想デスクトップと呼ばれるソフトをインストールすれば、Linuxを導入できます。仮想デスクトップのメリットはフリーソフトでも問題なく使用できることと、WindowとLinuxを両方使えることです。Linuxだけでは対応していないソフトも多いため、メインはWindowsでプログラミングはLinuxという使い分けが便利です。仮想デスクトップには色々なソフトがありますが、ユーザー数が多いものがオススメです。

2Uのサイズで最大5千台もの仮想マシンを安定稼働させることが可能。 Tintri VMstore T5060の参考価格5,000万円。 フラッシュヒット率 99% を実現し、I/O 負荷の高いアプリケーションであっても必要なリソースをしっかり担保。 VMwareを始め、Microsoft Hyper-V、RHEV、Citrix、OpenStackなどを混在して稼働できます。 ティントリの仮想デスクトップ導入事例を公開中