仮想デスクトップ使用で出来ること

仮想デスクトップというソフトウェアは普通にパソコンでインターネットをしたり、写真など画像の管理をする上では不要なものですが、プログラミングや画像編集、サーバ管理などパソコンを使いこなしている人には便利なソフトです。仮想デスクトップを使うことで複数のOSを1台のパソコンで利用することが出来ます。一番多いのがWindowsのパソコンに仮想デスクトップを導入してからLinuxをインストールするというケースです。Linuxは専門雑誌があるくらい一部のユーザーに支持されているOSで、基本的に無料で利用出来ます。1台のパソコンに2つもOSを入れたらパソコンが重くなると思われがちですが、メモリの管理がしっかりと行われるので、使用していてもたつくことはめったにありません。興味がある人は是非利用してみてください。

仮想デスクトップはWindows10の機能

仮想デスクトップとは、Windows10に備わった機能で、複数のソフトを使って一緒に作業するために利用すると非常に便利です。従来のWindowsでは、並行しながら作業をする時に、その都度ソフトを起動させファイルを開きながら進めるので、画面が乱雑になり、どこのファイルやソフトを呼び出しているのかわからなくなってしまう経験をした方も多いでしょう。いちいち探すのはストレスになりますし、効率が悪くて作業がなかなか進められないこともあります。仮想デスクトップの機能を利用して、1つずつの作業をするごとにデスクトップを分けて利用するようにすれば、作業に合わせて切り替えができるので、一連の操作がスムーズに進められます。表計算ソフトで表やグラフを作りながら、プレゼンテーションソフトで会議用の資料をまとめることもできますし、ワープロソフトで文章を入力しながら、ホームページ作成ソフトを起動させ、サイトのコンテンツを作るのを並行してできるようになります。作業中のソフトやファイルを仮想デスクトップごと呼び出せば、即時でとりかかれますので、とても楽に作業ができるでしょう。

仮想デスクトップで便利さアップ

パソコンを使っていて画面が狭いと感じられた時に、いくつかの解決策があります。最も使い易くなるのは、ディスプレイを増設してマルチ画面にする方法です。グラフィックカードが搭載されていれば、2画面にする事が比較的簡単にできます。しかし、ディスプレイ追加購入するためコストがかかり、また設置のための場所を占有するなどの問題があります。事情によってマルチディスプレイを使用できない場合の、別の方法として、仮想デスクトップ機能を利用することができます。専用のソフトを利用することで、コンピュータのデスクトップ環境を拡張し、仮想的に広い画面を付けるようにします。具体的には、利用している1台のディスプレイの表示範囲よりも広い画面を利用したり、複数のデスクトップ画面を切り替えて使います。広い仮想デスクトップのどの位置が、現在表示されているのか分かるように、小さなサブウィンドウが利用される場合あります。