Windows10に搭載された仮想デスクトップ

コンピュータ画面を仮想的に拡張して、複数のデスクトップ画面を利用できるようにするのが仮想デスクトップです。windows7以前においては、ツールを導入することで実現していた機能ですが、windows10にバージョンアップしたことに伴って、仮想デスクトップ機能が標準搭載されました。簡単に利用できるようなり、利便性が向上しています。windowsを起動した後に、タスクバーの左下に表示されているウィンドウアイコンをクリックすることで、現在有効となっているデスクトップ画面の一覧が表示されますので、目的とする画面を切り替えて使うことができます。また、新規に画面を追加したい場合は、右下に新しいデスクトップといった文言とともに表示されている十字アイコンをクリックします。複数の作業を併行して行いたい場合に便利に使う事ができますので、ディスプレイが1台のみ環境において活用されることをお勧めします。

標準搭載された仮想デスクトップ機能を活用

パソコンを使っていて、あれもこれもアプリを立ち上げて使っている画面が一杯になってしまい、不便さを感じていた方も少なくありません。別の作業を行うために、すでに開いていたウィンドウを閉じる等、面倒な作業をしていた方には、仮想デスクトップ機能が役立ちます。仮想的にデスクトップ画面を拡張することで、あたかも複数のデスクトップがあるかのように使えたり、広大な画面エリアを持つデスクトップ画面を利用可能にしてくれます。仮想デスクトップ機能は、windows10より標準で搭載されましたので、用意に利用することができるようになりました。デスクトップ画面が狭いと不満を感じていた方には、是非ご利用をお勧めします。デスクトップ1は、ウエブのブラウジング用にブラウザを開いておき、デスクトップ2には仕事用の書き物として、ワードや資料のPDFを開いておき、用途に応じて切り替えて使います。作業を併行して行う事ができるようになったのが強みです。

仮想デスクトップでパソコン作業を効率化

パソコンではデスクトップに幾つものアプリを開いて作業しますが、デスクトップは一つしかありません。アプリを沢山開けばそれだけデスクトップが狭くなりますから、アプリの位置を動かして使いやすい場所に置き直すなど、余分な手間が掛かります。そこで役に立つのが仮想デスクトップです。これを使いますと、本来一つしかないデスクトップを仮想的に複数用意できます。それぞれのアプリを最適な位置にセットしたデスクトップを用意できますから、仮想デスクトップを切り替えることで、いつでも快適なデスクトップ環境で作業できます。例えば一つのデスクトップにはブラウザーアプリを開き、もう一つのデスクトップには表計算ソフトやその関連ツールを開いて専用に使うなど、仮想デスクトップ使用することで、用途別に最適なデスクトップを使い分けられる点がメリットです。